美山かやぶき美術館 涼やかさ 陶器と染織で表現

04_かやぶき00000000

 美山かやぶき美術館では、「染と陶 二人展」が開催されています。
 滋賀県を拠点に活動する陶芸家の中野 亘さんと染織作家の飯森よしえさんによる作品およそ120点が展示されています。
 今回のテーマは「涼やかさ」。陶器の白と、風に揺れる藍染の青が、夏の涼を感じさせ、それらが茅葺き民家と周囲の美しい自然に溶け込むよう展示されています。この作品展は、9月18日まで開催されています。
 また、9月16日には「和太鼓と舞の夕べ」が行われ、飯森さんの舞台衣装や中野さんの土笛を楽しむことができます。

日吉町佐々江 盆踊り 多くの家族連れで賑わう

03_ささえ00000000

 8月15日、日吉町佐々江の生活改善センター周辺で、盆踊り、夏祭りが行われました。
 佐々江区は150人ほどの集落ですが、この日は帰省した人などが大勢訪れ、フランクフルトやかき氷などの屋台、射的などを楽しむ子どもたちで賑わいました。
 また、佐々江区と交流があり、地域の農業などを学ぶ、立命館大学国際関係学部の学生たちが、屋台の準備から携わり、祭りを盛り上げました。
 日が暮れると、みんなでやぐらを囲んで丹波音頭を踊りました。佐々江区では、お祭りの日が、一年で一番賑わう日です。帰省した家族との会話が弾み、集落の夜が賑やかに更けていきました。

神吉夏まつり 三世代にぎわう夏の思い出

02_神吉00000000

 8月15日、旧神吉小学校で神吉夏まつりが行われました。
 地域住民が中心となり毎年開かれているお祭りで、この日はあいにくの雨だったため、メイン会場を体育館に移し開催されました。
 やぐらが組まれた体育館に、甚平姿の子どもらやお盆で里帰りした人、家族連れなどおよそ300人が集まり、歌声自慢が集うカラオケ大会を皮切りに祭りがスタート。夜店では、子どもの大好きな当て物や   ヨーヨーつり、やきとりや焼きそばなどが軒を連ね、列をなしていました。
 また、ビンゴゲームや福引きで、豪華賞品に会場は大いに盛りあがりました。

京都南丹市花火大会 夜空を彩る大輪の花

01_花火00000000

 8月14日、八木町大堰川河川敷で京都南丹市花火大会が行われました。
 昭和22年から続いている花火大会は今年で71回目を迎えます。
 オープニングイベントでは、6組の団体が出演しました。
 クアスポチアダンスチーム チェリーズが可愛いダンスで会場を盛り上げ、丹波カルビやスイート&ビターの演奏、京都八木よさこいが華麗な舞を披露しました。
 午後7時30分、暗闇に包まれるころ、花火の打ち上げが始まります。スターマインや仕掛け花火が大空に咲き誇り、夜空を彩る5000発の花火に歓声があがりました。

京都南丹市花火大会クリーン作戦 地域ボランティアが集い感謝の清掃活動

01_クリーン00000000

 8月14日に開催された京都南丹市花火大会。一夜明けた大堰川周辺には、地域のボランティアをはじめ、南丹市商工会、市職員、誘致企業の職員、八木中学校生徒会などが集まり、クリーン作戦が行われました。
 八木中学校は、生徒会活動の一環として、長年このクリーン作戦に参加。ゴミの分別やポイ捨ての啓発を行っており、花火大会オープニングセレモニーで、日本観光振興協会から、観光地美化奉仕団体表彰を受けています。
 参加者は、観客席や屋台村周辺をくまなく歩き、空き缶や吸い殻、弁当の殻などを分別しながら拾い集めました。

清流美山の鮎まつり 帰省した家族連れ 夏の恵みを堪能

04_鮎00000000

 8月13日、美山町自然文化村周辺で、清流美山の鮎まつりが行われ、お盆に帰省した人や、大阪や京都市からの観光客など多くの人が訪れました。
 鮎のつかみどりは、1日5回開催され大人気でした。
 子どもたちは懸命に、大人も童心に返って、素早い動きの鮎を追いかけました。
 たくさん捕まえた鮎を、今日の夜ご飯にと、嬉しそうに話す家族の姿がありました。
 また、つかみどりしたとれたての鮎を塩焼きにして味わったり、地元の屋台を楽しみました。
 その他、福引きや花火大会も行われ、来場者は美山の夏を堪能しました。

森と小川の教室 自然とふれあい、自ら学ぶ力を育む

03_宿泊00000000

 8月12日と13日の1泊2日、森と小川の教室、夏休みの宿泊教室が、美山山村留学センター周辺で行われました。
 森と小川の教室は美山町を拠点に、自然とふれあう体験を一年に10回開催している団体です。
 今回は美山で宿泊するプログラムに南丹市と京都市京北町から小学生10人とサポーターとして卒業生5人が参加しました。
 子どもたちは、森で宝探しをしたり、食事の準備を自分たちで薪をさがすところから始めたりと自然との会話を楽しみながら、取り組んでいました。
 森と小川の教室は、自分で考え、生きる力を育む場です。気になった植物を選び、香りをかいだり、スケッチしたりと、自分の興味をもったことに学びを深めていました。

南丹市立中央図書館 夏のお楽しみ会 手づくりの万華鏡を作ろう

05_図書館お楽しみ00000000

 8月10日、南丹市立中央図書館で夏のお楽しみ会が行われ、南丹市内の子どもとその保護者あわせて40人が参加しました。
 1歳から小学6年生までの子どもたちが、鏡と筒、折り紙やビーズを使って、オリジナルの万華鏡を作ります。子どもたちは身近なものを使って万華鏡が作れることを知り、驚きながら作品づくりに熱中しました。
 およそ1時間で完成。筒をくるくると回すと、次々にきれいな模様が広がりました。
 子どもたちは色鮮やかな変化を楽しみながら、その出来栄えに大満足のようでした。

南丹こどもウキウキひろば 他校の友達とも体験を通して交流

04_ウキウキ00000000

 8月10日、園部北部コミュニティセンターで、児童館まつり、南丹子どもウキウキひろばが行われました。
 夏休み中の子どもたちの交流をと、南丹市役所が毎年主催しているもので、市内の小学生およそ50人が参加しました。
 木の粉から作られた環境に優しい粘土を使って、動物や昆虫など、自分だけの作品が出来上がりました。
 またHOPEdancecircleの近江望さんから、縄跳びを教えてもらいました。長縄を使った跳び方にも取り組み、他校の友達とも、体験を通して交流を深め、夏休みの楽しい思い出となりました。

地理教育夏季研修会 城下町園部の景観変遷をたどる

03_地理研修00000000

 8月10日、園部町で、地理教育夏季研修会が開かれました。 
 小、中学校、高校で地理を教える教員や研究者らが交流を深め、授業に活かすための研修会として、人文地理学会、地理教育研究部会が主催したもので、近畿各地からおよそ30人が参加しました。
 午前中は、城下町であった園部の町なかを歩き、外堀の跡をたどりながら、歴史や景観の移り変わりについて説明を聞きました。
 講師を務めたのは、園部町小桜町在住の、大阪商業大学 総合経営学部教授 西岡 尚也さんで、道路の再開発の前は道幅が狭かったことや、西岡さんの子どもの頃には外堀に水があったことなど、在住者ならではの話に参加者は興味深く聞き入りました。
 その後にも、生身天満宮や園部城の本丸跡である園部高校などを巡り、現地での考察を深めました。

京都丹波基幹交通整備協議会 理事総会 2市1町が連携し、人とモノの新たな流れを

02_交通整備00000000

 8月10日、遊youひよしで、京都丹波基幹交通整備協議会理事総会が行われました。
 南丹市・亀岡市・京丹波町の代表でつくるこの協議会は、口丹波地域に北陸新幹線の駅設置の推進や山陰本線・園部~綾部間の複線化。京都縦貫自動車道の4車線化の整備・推進など3つの事業をすすめています。  
 総会では、口丹波地域から京都市方面へ国道9号とは別ルートによる道路の新設を国や京都府など関係機関に要望活動する新たな事業を設けました。
 人とモノの新たな流れを生み出し、2市1町の連携した取り組みを進めていくことを誓い合いました。

南丹市優良建設工事表彰式 優れた施工業者を表彰

02_優良00000000

 8月8日、南丹市役所で、南丹市優良建設工事表彰式が行われました。
 南丹市が発注した工事の内、他の模範となる工事を施工した業者に贈られるもので、今回は、株式会社 栄土木が受賞し、代表取締役の前田健一さんに表彰状が手渡されました。
 施工した工事は、市道芦生線における自然災害防止工事です。工事期間中に積雪があり、条件が悪い中でも、適切な工程管理で完成させたことが認められました。
 佐々木市長は「3回目の受賞、大変素晴らしい。今後も市民のニーズに応える品質の確保に努めていただきたい」とお祝いの言葉を述べました。

丹波史談会 文人遺作展 故郷を同じとする文人に思いを馳せ

01_丹波文人00000000

 8月8日から、南丹市国際交流会館で、丹波史談会が主催する丹波の文人遺作展が開かれました。
 地元の神社や史談会の会員らが所蔵する、丹波地域にゆかりの文化人の書や絵画など、およそ30点が展示されています。
 なかでも菅原道真の子孫、菅原修長が書いた書、『誠意』は、長年生身天満宮で所蔵していたものを、今回の展示会のために修復したものです。
 そのほかにも、園部町船岡出身の画家、田村月樵や八木町氷所出身の画家、人見少華などの貴重な作品が並び、作者の生い立ちや郷土の発展に尽くした業績なども紹介されています。丹波の文人遺作展は、南丹市国際交流会館5階で、13日の日曜日まで開かれています。

トライアスロン 強化・普及合宿 大堰川で高校生がトレーニング!

09_トライアスロン00000000

 8月3日から6日にかけて、八木町の大堰川河川敷で、トライアスロンの強化・普及合宿が行われました。
 若い世代の選手層を強化したいと、保津川トライアスロン倶楽部が開いたもので、近畿ブロックの高校生と19歳以下の選手8人が参加しました。
 トライアスロンは、水泳・自転車ロードレース・長距離走の3種目を連続して行う競技です。
 今回参加した選手は、8月26日・27日に八木町で開催される京都丹波トライアスロン大会IN南丹にも出場が予定されており、水泳の練習は、大会会場となる大堰川の水深や流れの速さなどの調査も兼ねています。最終日のこの日は実践さながらの練習に汗を流しました。

大野にじの子夏祭り おいしく楽しく 夏を満喫

08_大野にじ夏祭り00000000

 8月6日、旧大野小学校、大野地域活性化センターで、「大野にじの子夏祭り」が開かれました。
 このイベントは、夏休みの思い出づくりを目的に、大野地域の保護者団体「にじの子PTA」が昨年から開催しています。
 大野地域の子どもらが集まり、多くの子ども達が参加する「にじの子太鼓」で使うバチと練習用太鼓の制作をした他、夕食には焼肉、流しそーめん、かき氷が用意され、子ども達は大喜び。
 学校には子ども達の元気な声が響きました。

子育て研修会 講演会 スマホ時代を生きる子どもたちを守るために

07_子育て00000000

 8月6日、国際交流会館で、南丹市PTA連絡協議会が主催する子育て研修会講演会が行われ、小・中学校のPTA会員、教職員などが参加しました。
 兵庫県立大学環境人間学部准教授の竹内和雄さんが、「スマホ時代を生きる子どもたちのために~今大人が知っておきたいこと~」と題して講演しました。子どもたちのなりたい職業に「ユーチューバー」がランクインし、携帯電話やゲーム機などでの接続率は小・中学生、高校生共に90パーセントを超える中、どんな危険が潜んでいるか、具体例を交えながら話しました。竹内さんは「子どもたちは、心の不安からの逃げ場をネットに依存している。ネット問題は「心」の問題だ」と話し、南丹市の子どもたちの相談相手がネットになる前に、家族や先生が子どもたちを守ること、ネットの危険性を子どもたち自身が考える機会を作ることの大切さを訴えました。

宮島っ子なつまつり 地域の力を合わせて 楽しい思い出を

06_宮島なつまつり00000000

 8月6日、美山文化ホールで「宮島っ子夏まつり」が開かれました。
 このイベントは、宮島地域の小学生の保護者で組織する宮島っ子盛り上げ隊が昨年から始めたものです。
 子ども達に楽しい夏の思い出を作ってあげたいと、地域のお母さんだけではなく、様々なボランティアで活動する地域住民や、商店、加工団体、宮島地域で集落の活性化に取り組む学生団体「京都Xキャンプ」のメンバーなどが協力しました。
 絵本の読み聞かせや手芸体験の他、宮島の子ども達が参加する「宮島太鼓」の演奏、ゲームコーナーや屋台など、楽しい催しが用意され、子ども達にとって、夏の楽しい思い出になりました。

南丹市カヌー教室 大堰川の流れを感じて

05_カヌー00000000

 8月5日、八木町のカヌーハウス周辺で、南丹市教育委員会が主催するカヌー教室が行われました。
 水辺のスポーツに親しんでもらおうと毎年開催されており、小学生や保護者など19人が参加しました。
 初めてカヌーに乗る人や初心者を対象に行われ、南丹市海洋センターの指導員から、漕ぎ方を教わりました。
 川の中では、初めはなかなか思うように、前へ進まなかった子ども達もすぐにコツをつかみ、進んでいました。
 とても暑い日でしたが、参加者は、川の流れと風を感じながら、颯爽とこいでいました。

摩気夏まつり 子ども達のために お祭りを

04_まけ夏祭り00000000

 8月5日、旧摩気小学校で摩気夏まつりが行われました。
このイベントはNPO法人摩気高山の郷振興会が主催し、摩気地域の子ども達に楽しんでもらおうと今年初めて企画したものです。
 南丹警察署による交通安全のビンゴや警察音楽隊のコンサートで楽しく交通安全を呼びかけました。
 スイカ割り、教室を使ったお化け屋敷など楽しいイベントが用意された他、地域の女性達によるフランクフルトやかき氷、スーパーボールすくいなどの屋台も出て、会場は子ども達の元気な声に包まれました。

南丹市民児協福祉体験教室 思いやりや優しさを学ぶ

03_福祉教室00000000

 8月4日、社会福祉法人長生園で、南丹市民生児童委員協議会が主催する福祉体験教室が行われ、市内の小・中学生や高校生26人が参加しました。
 この教室は、施設で暮らす高齢者や、そこで働く方々との交流を深め命の尊さや思いやりなどを学ぶことを目的に、平成10年から始まり、今年で19回目です。
 事前のオリエンテーションで班ごとに企画した、折り紙やふうせんバレー、連想ゲームなどで交流しました。
 参加した子ども達は、交流を深めることで、思いやりや優しさを学ぶ貴重な経験となりました。

園部中学校軟式野球部 壮行会 近畿大会出場への意気込みを語る

09_壮行会00000000

 8月3日、第66回近畿中学校総合体育大会壮行会が開かれ、京都府大会で優勝した、園部中学校軟式野球部の3年生10人が、南丹市役所を訪れました。
 園部中学校軟式野球部は、3年生を中心に構成され、7月30日に行われた京都府大会、桂中学校との決勝戦で、接戦を制し、見事悲願の初優勝を手にしました。
 キャプテンの吉田秀太さんは、「今まで支えてもらった方々への感謝の気持ちを持って、近畿大会に望みたい」と抱負を語りました。
 園部中学校軟式野球部は8月7日、京都市右京区のわかさスタジアムで開催される近畿大会の初戦に望みます。

美山町大野区音頭取り練習会 夏祭りにむけて 丹波音頭の音頭とり

08_音頭00000000

 8月3日、美山町大野公民館で、丹波音頭の音頭とりの練習会が行われました。
 美山町大野区では、毎年8月に、区主催の盆踊りで賑わいます。盆踊りの音頭は楽譜がないため、先人からの口伝えで、伝統の節回しを繰り返し口ずさみ、練習してきました。この日も大野区民5人が参加し、丹波音頭の浄瑠璃くずしで、「忠臣蔵」を練習しました。
 大野区では、今月8日にも音頭取りの練習会を開催し、15日には盆踊りを行う予定です。盆踊りに興味がある、また音頭をとってみたいという人は、南丹市内全域から、ぜひ参加してほしいと話しています。

五者共催 わいわい夏祭り 施設と地域の交流の場

06_わいわい夏00000000

 8月2日、園部町横田のこひつじの苑で、五者共催わいわい夏祭りが開かれました。
 このイベントは、障害者支援施設京都太陽の園、こひつじの苑と横田区、黒田区、半田区が、施設を知る機会や職員・利用者との交流を図ろうと開いています。
小山太鼓やチアダンスチームチェリーズ、園部町在住のAIZOさんが、ご当地替え歌などを披露し、祭りを盛り上げました。
 焼きそばやたこ焼き、フランクフルトなどの屋台、ゲームコーナーにも子ども達が行列を作り、夏の夜は賑やかに更けていきました。

文化博物館 夏季展示会 新文化財「小出文庫」と戦争

07_文化博物館00000000

 南丹市立文化博物館では、夏季展示会として、2つの展示を行っています。
 「企画展 小出文庫」では、今年4月に南丹市の文化財に指定された「小出文庫」の蔵書の数々が展示されています。
 小出文庫は、園部藩主小出氏の蔵書や藩校での教育に使われた書籍群で、教育者 上野盤山が管理していたものです。
四書五経などの漢籍や和書が中心で、中でも中国の医学書が充実していることが特徴です。
 また、合わせて開催している「特集展 戦争と南丹市」では、戦時中の写真やおもちゃ、学校日誌などの資料を展示しています。
 戦争展は毎年開催されていますが、今回は特に戦時中の子ども達の暮らしに焦点があてられています。
 いずれの展示も、9月18日まで開催しています。

南丹市新庁舎等建設委員会 安全で使いやすい新庁舎を

05_新庁舎00000000

 8月2日、南丹市園部公民館で、第4回南丹市役所新庁舎等建設委員会が行われました。
 有識者や各種団体の代表など17人で構成されている委員会は、南丹市役所1号庁舎の建て替えと2号庁舎の耐震補強を検討しています。
 今回は設計を請け負う建設業者から新庁舎のイメージ、地盤の高さの異なる4つの案が提示されました。
 南丹市国際交流会館など既存施設との高さの連携や、車いすでの来庁の配慮など整備費用の面から、1つの案が基本案として決定されました。   
 委員会では、9月ごろを目途に意見をまとめ、今年度中に実施設計、2018年度に着工、2020年度の完成を目指します。

全京都小学生バレーボール大会 園部小学生バレーボールクラブ

04_バレー00000000

 7月31日から京都市右京区のハンナリーズアリーナで全京都小学生バレーボール大会が行われました。
 園部町を拠点に活動する園部小学生バレーボールクラブは、八木町や日吉町からも参加し、1年生から6年生までおよそ20人が在籍するチームです。このほど全京都小学生バレーボール大会で、4試合勝ち進み、見事準優勝を果たしました。
 京都府下の35チームが出場するこの大会。上位6チームが近畿大会の出場権を得ることができ、園部小学生バレーボールクラブは見事近畿大会への切符を手にしました。