山里の記憶伝承教室 美山のそば打ち・みそづくりを学ぶ

05_そば打ち00000000

 2月18日、美山町の旧鶴ヶ岡小学校で、山里の記憶伝承教室が行われました。
 この教室は鶴ヶ岡振興会が、昔から伝わる暮らしの知恵や地域の匠の技を、多くの人に体験してもらおうと主催しました。 
 この日は、南丹市、亀岡市や向日市から、親子連れなどおよそ30人が参加しました。
 まずはそば打ち体験。講師は、鶴ヶ岡地域で地元産にこだわったそば作りに励む団体、京都美山ごんべの会の前田好久さんです。子どもたちも力いっぱい、そばを練りあげます。初めての作業に悪戦苦闘する中もみんな楽しみながら取り組んでいました。
 そして味噌作りの講師は、長年食生活改善推進員などをつとめた地域のお母さん、大矢京子さんです。大豆をつぶし麹と塩を混ぜ合わせ、全て手作業。夏ごろまで寝かせるということです。
 最後に、みんなで作ったそばを味わいました。自分たちで打った味は格別。参加者は、地域の食の技術を教えてもらい、大満足でした。

氷室の郷 感謝祭 新しくなったテラスをお披露目

04_テラス00000000

 2月18日、八木町の氷室の郷で、レストランなどが入る施設の、テラスがリニューアルされ、お披露目に合わせて感謝祭が開催されました。
 テラスの会場では、地域の魅力を発信するため、みず菜や山の芋といった特産品や、南丹市工芸家協会の工芸品の展示、生け花や盆栽などの作品がずらりと並びました。
 テラスは、およそ120㎡で、老朽化していた木製の屋根や床が一新され、スロープも設置されました。今後はテーブルやいすを置き、食事などを楽しめるくつろぎのスペースになります。
 この日は、近隣から大勢の親子連れが訪れ、園部町在住のヴァイパー奏者 大城敦博さんの演奏を聞いたり、毛糸を使った指編みや凧作りなどのワークショップを体験し賑わいました。

美山山村留学センター冬の体験留学 美山でしか味わえない体験を

03_冬00000000

 2月17日からの2日間、美山山村留学センター「四季の里」で、冬の体験留学が行われました。
 昼食後、早速雪深い、知見地区まで出かけ、雪遊びを楽しみました。
 体験留学は、冬の美山を体験し、山村留学に興味を持ってもらおうと毎年この時期に行われており、今年は、長岡京市や京丹後市など京都府内を始め、名古屋から13人の小学生の参加がありました。
 雪合戦やソリすべり、田んぼに積もったふかふかの雪の上で、子どもたちは歓声をあげながら遊びました。
 また、下地区で行っている炭焼き窯の見学とノコギリで墨を切る体験をしました。
 おやつには、みんなで焼き芋を頬張り、1泊2日の体験留学を満喫しました。

南丹市スポーツ・文化賞表彰式 活躍した個人・団体の功績を称える

02_表彰式k00000000

 2月17日、南丹市国際交流会館で「平成29年度南丹市スポーツ・文化賞 表彰式」が行われました。
 これは、スポーツ・文化活動の分野で1年間に優れた成績や功績をおさめた団体・個人を表彰するもので、今回は16団体と109人が受賞しました。
 また、小学生以下を対象とする「翔け賞」には52の団体・個人が受賞。
 佐々木市長から賞状を手渡されると、会場からは大きな拍手が贈られました。
 表彰をきっかけとして、受賞者の今後ますますの活躍が期待されます。

美山中学校2年 起業家体験学習 社会に出るための思考力を培う

01_起業00000000

 美山中学校2年生は、3学期に、起業家体験学習に取り組んでいます。
 この学習は、地域の魅力を発信する仕事とはどういうものかについて、考え提案する中で、将来必要となる起業家の思考力を培うために行われています。
 2月16日には、4つのグループごとに中学生ができる仕事のアイデアを発表しました。
 旧小学校の校舎を利用し、登山やキャンプ、郷土料理を楽しめる観光プランや、インターネットなどを利用して、飲食店のスタンプラリーを楽しむアイデア、美山のイベントを盛り上げるために秋の味覚を出店するプランなど、グループごとに様々な提案がありました。
 発表のあと、NPO法人アントレプレナーシップ開発センター理事長の原田 紀久子さんから、「アイデアは良かった。実現に向けては、応援してくれる人を見つけること、そして支出計画をしっかり考えることが大切。」と講評がありました。美山中学校では、今後も社会に出るための学習を深めていく予定です。

期間延長!! 南丹市国際交流会館 利用料割引キャンペーン

会館利用料割引キャンペーンHP2

現在実施している利用料割引キャンペーンは、
好評につき平成31年3月31日まで 期間を延長して実施します。
当キャンペーンは、会議室など5つのお部屋の利用料金を割引くサービスです。

今まで利用料金が理由で、ご希望の部屋が利用できなかったり、
ご利用部屋の環境を変えてみたいなどとお考えのお客様、是非この機会にご検討ください!!

 

【キャンペーンについて】

キャンペーン内容 南丹市国際交流会館 一部の貸し部屋利用料を割引きます。
キャンペーン期間 平成31年3月31日まで
割引対象部屋 特別会議室・第2会議室・第3会議室・六花亭・展示ホール
※事前にご予約いただいているお客様も対象となります。
割引料金 (展示ホール)      1,390円~
(第2・3会議室)     1,390円~
(六花亭)        1,390円~
(特別会議室)      7,010円~

※利用料金は、曜日や時間区分によって異なります。
(上記金額は平日の午前区分の料金です。)

お申込み方法 南丹市情報センター窓口でのお手続き、もしくは南丹市国際交流会館のホームページからWeb予約が可能です。

※詳しくは南丹市情報センターまでご連絡ください。


キャンペーン料金表(PDF)

 

【お申込み・お問合せ】 

 公益財団法人南丹市情報センター 総務係
   〒622-0004 南丹市園部町小桜町62-1 
(電話)0771-63-1777 (FAX)0771-63-1682
 ※土日営業・月祝休業 8時30分~17時受付

南丹市情報センター25周年企画 小学生サッカー教室 未来に限りない可能性を秘めた子どもたちを支援

04_サッカー00000000

 2月12日に、日吉町保野田の明治国際医療大学の人工芝グラウンドで、小学生サッカー教室を行いました。
 この教室は、未来に限りない可能性を秘めた子どもたちのスポーツ活動を支援したいと、南丹市情報センターが初めて開催し、南丹市・京丹波町の小学生72人が参加しました。
 講師は、明治国際医療大学女子サッカー部監督の熊田喜則さんはじめ、Jリーグでの指導経験があるトップレベルの指導者のみなさん。また明治国際医療大学女子サッカー部員も加わって、熱のこもった指導が行われました。
 低学年は足の裏をしっかり使ったドリブル方法などを、高学年は実戦を交えながら。またゴールキーパーは、正しいキャッチングなど教えてもらい、普段所属するサッカーチームの枠を超えて交流する子どもたちの、元気な声がフィールドに響きました。

園部中学校 勤労体験学習発表会 学びを進路実現につなげるために

03_勤労00000000

 園部中学校2年生は、2学期に44の事業所でそれぞれ勤労体験学習を行いました。2月15日には、体験で学んだことを、地域や受け入れ事業所の人たちに発表しました。
 業種別のブース発表や全体会での代表グループの発表があり、働く人から聞いた質問や会社概要を説明するクイズなどを盛り込んだわかりやすい発表に、参加した人たちが感心しながら見入っていました。
生徒からは「接客一つの印象がその店の印象となることを感じた」などの感想や、任された仕事をやりきる喜び、仕事や家事をこなす家族への感謝の言葉も見られました。
 生徒らは、学習を通して学んだことを、それぞれの進路実現につなげていきます。

第2回美山エコツーリズム大会講演会 美山の魅力の届け方

02_エコ00000000

 2月13日、美山エコツーリズム大会講演会が美山林業者等健康管理センターで開催されました。
 エコツーリズム大会は、狩猟体験やスノーシューハイクといった、美山の魅力が詰まったエコツアーやイベント、講演会などを、11日から1週間にわたって開催しています。講演会には、市内外からおよそ70人が参加し、2人の講師から、地域の暮らしに根ざした観光と宿泊施設の在り方について学びました。
 ローカル&デザイン株式会社代表取締役の高山美佳さんは、歴史や特産物など地域資源からストーリーを見出し、その地域でしかできない観光を体験してもらう「着地型観光」の取り組みについて話しました。
 また、全国ゲストハウスサミット」などを主催するNPO法人アースキューブジャパン代表理事の中村功芳さんは「地域まるごと宿泊施設」の考え方を提示。「次世代に繋ぐために大切なのは村人の笑顔だ」と話しました。

南丹市議会議員当選証書交付式 市民の負託背負い 決意新たに

06_当選00000000

 2月11日に投開票が行われた南丹市議会議員一般選挙から一夜明け、12日、当選証書の交付式が南丹市役所で行われました。
 当選を果たした22人の新議員は、決意も新たに交付式に臨み、一人ひとり、南丹市選挙管理委員会 水口 晋委員長から当選証書を受け取りました。
水口委員長からは「市民の皆さんに寄せられた多くの支持は、大変重みのあることであると同時に、皆さんの大きな原動力にもなる。4年間健康に留意し、より良いまちづくりのため、活躍してほしい」と言葉が贈られました。
南丹市議会3月定例会は、2月22日から行われます。

美山雪まつり 雪の広場で思いっきり遊ぼう!

05_雪祭り00000000

 2月11日、美山町自然文化村で美山雪まつりが開催され、京都市や大阪など遠方から、親子連れがぞくぞくと詰めかけました。
 前日には雨が降り、グラウンドに積もった雪は10センチ程度と、例年より少ない中での開催でしたが、雪を求めてやってきた子どもたちは大興奮、そりすべりやかまくらづくりに熱中しました。
また会場のあちらこちらで、雪像づくりが行われました。干支の犬にちなんだものやアニメのキャラクターなど、細部を表現しようとお父さんが活躍する姿も見られ
ました。
 その他、そり引き競走なども行われ、雪と戯れる冬の醍醐味を味わいました。

農芸高校・須知高校・相馬農業高校 ワークショップで交流を深める

01_農芸00000000

 京都府立農芸高校と須知高校は、東日本大震災で被災した福島県立相馬農業高校の生徒を受け入れるなどの支援を、2011年から行っています。2月11日、相馬農業高校の生徒と教員が須知高校を訪れ、3つの高校の生徒がワークショップを行いました。
 相馬農業高校では、津波被害を受け絶滅が心配される日本原産のバラ科の植物「ハマナス」の再生に取り組んでおり、試行錯誤を重ねた結果、昨年4月に実を使ったジャムが完成しました。
 ハマナスジャムに合う食品を探ろうと、須知高校のヨーグルトやクリームチーズ、市販のクラッカーなどを組み合わせて試食。「ハマナスの香りや甘みを活かすためには酸味を加えた方が良い」や「ピザに使うと良い」などの新しいアイデアが出され、専門的に学ぶ生徒同士、交流を深めました。

丹波支援学校 学習展 力作ずらり 一人一人の個性きらめく

04_丹波支援00000000

 2月10日、京都府立 丹波支援学校で学習展が開かれました。
 丹波支援学校には、小学部・中学部・高等部まで、合わせて159人の児童・生徒が通っており、日ごろの学習では、子どもたち一人一人の発達に合わせ、意欲的に取り組めるようにと様々な作品づくりを行っています。
絵画や書道、木工や陶芸作品のほか、毛糸や木の枝など様々な材料を使い、個性豊かな作品が並びました。
 訪れた保護者は熱心に見学し、「子どもがしっかりと取り組んでいる様子が分かり嬉しい。」とじっくりと見入っていました。

園部町本町 新家 坊主牧師バー 地域の交流 賑わいの場

03_坊主00000000

 2月9日、園部町本町のコミュニティースペース、新家で、坊主牧師バーが行われました。 
 新家では、地域の交流の場として、様々な人が店長をつとめるバーが不定期で開催されています。 
 この日は、丹波新生教会園部会堂牧師の宇田慧吾さんと、寶福寺住職の廣野一道さんを中心に語り合いました。
 訪れた人たちは、牧師おすすめのお酒を飲み、手作りの料理を食べながら、日ごろの悩みや思いを話しました。牧師の宇田さんは、「キリスト教も仏教も、地域と関わり、人をたすけたいという思いは同じ。共通点はたくさんある」と語り、互いに意見を出しながら夜は更けていきました。

園部高校・附属中学校 生徒実践発表会 互いに刺激し合い 学びを深める

02_生徒実践00000000

 2月9日、園部町小山東町の二本松学院 新谷記念ホールを会場に、園部高校と附属中学校の生徒実践発表会が行われました。
 この発表会は、一年間に取り組んだ課題研究や英語スピーチなどを発表し、生徒が互いに刺激しあうことを目的に開催されており、12組の個人やグループが発表しました。
 中学生は、落語英語や日本代表として水ロケット大会に挑んだ報告を行いました。また高校生は、韓国を訪れた体験から、これからの日韓関係について考えを述べたものや、日本の若者が自分に自信を持つことをテーマにしたものなど深い考察を発表しました。
 それぞれが探求心を持って取り組んだ成果を堂々と発表し、大きな拍手が送られました。

園部B&G海洋センターキッズルームお披露目式 誰でもいつでも親しめる施設を目指して

01_キッズ00000000

 2月9日には、お披露目式が行われ、園部幼稚園の5歳児が招かれ、完成を祝いました。
園部B&G海洋センターコミュニティ機能付加改修支援事業として、B&G財団の補助金を活用して行われたもので、森栄一教育長とB&G財団、桐ケ谷尚洋さんがテープカットを行いました。
 ロビーを改修したキッズルームは広さ10㎡で、子ども連れでもスポーツ活動が安心して行えるよう、また災害時の収容避難所として活用できるようにと設置されました。園児たちが、お礼の歌を披露し、式の後、キッズルームで絵本の読み聞かせを楽しみました。
 また、体育館では、目隠ししてボーリングに挑戦する「目隠し鬼退治ボーリング」を楽しみました。 
このゲームは、海洋センターが、誰からも親しまれ、気軽に集える場所になるためのB&Gチャレンジとして、ロビーでいつでも誰でも楽しめます。

ふれあい通信ボランティアはとぽっぽ 絵手紙体験会 絵は大きく 色は元気に

05_ふれあい00000000

 2月8日、園部公民館で絵手紙体験会が開催されました。
 ふれあい通信ボランティア「はとぽっぽ」のメンバーから、筆の持ち方や色の付け方などを教わりました。
 ふれあい通信ボランティア「はとぽっぽ」は、「ヘタでいい、ヘタがいい」をキャッチフレーズに、絵手紙を独り暮らし高齢者へ届けたり、介護施設や病院などで展示をしたりしています。
 青墨で線を描くときは、「ゆっくり時間をかけ、リラックスして」、色を塗るときは「叩くように素早く」とアドバイスを受け、下書きなしの一発勝負で取り組みました。
 手書きのぬくもり、季節を感じる絵手紙。興味のある方は、南丹市社会福祉協議会園部事務所に連絡してほしいということです。

コミュニティスペース 気になる木JUJU カフェでケーキ作りを楽しむ

04_カフェ00000000

 八木町本町3丁目のコミュニティスペース 気になる木JUJUで、2月6日、カフェが開かれました。
 NPO法人グローアップが運営する「気になる木JUJU」は、子ども連れの親子や地域の人々が、気軽に集える場所として開いており、今回は、訪れた親子がバレンタインにちなんでティラミスのケーキ作りを楽しみました。
 「気になる木JUJU」では、「お茶やコーヒーが飲めるカフェが欲しいという要望があり、今後も定期的にカフェを開いていきたい」と話しています。

美山町下地区 木炭づくり 地域の資源を活用

03_下地区00000000

 美山町の下地区伝統産業保存会では、原木を資源として有効活用することと、エネルギーの再生を生み出すことを目的に、平成28年度に炭焼き窯の制作に取り組みました。
 木炭は、広葉樹であれば生産が可能で、2月6日には、地域にある桜やリンゴ、ナラなどの原木をおよそ2トン、窯の中に収め火入れが行われました。
 このあと3日間かけじっくりと焼き、およそ130キロの木炭が完成する予定で、美山木炭としてふらっと美山などで販売されます。

京都聖カタリナ高校 高校生カフェ 高校生活で身につけた成果を披露

02_カタリナ00000000

 2月6日、京都聖カタリナ高校で高校生カフェが開かれました。
 普通科フードカルチャーコースの3年生が、卒業を前に、保護者や教職員に学びの成果を披露しようというものです。
 「地産地消」をコンセプトに生徒がメニューを考え、美山の卵を使用したクレーム・ブリュレ、バラを形作った林檎のタルトに飲み物、お土産にチョコレートブラウニーを作りました。
 専門的な技術を身につけるために、試行錯誤を重ねてきた生徒たちは、保護者や教職員から、美味しいとの感想をもらい、とても喜んでいました。卒業後、栄養士や調理師など、料理の道に進む生徒もおり、「メニュー作りを通して練習を重ねたことが、とても力になった」と話していました。

神谷ふるさと雪まつり 都市と農村 つながる絆

07_雪祭り00000000

 2月4日、美山町豊郷の神谷水車小屋広場で、「神谷ふるさと雪まつり」が行われました。
 主催する神谷区はこれまでに教育民泊の受入や、近隣地域と協力して京都市北区のたかつかさ保育園などと交流をしており、保育園の関係者や地域住民の親族、およそ130人が会場を訪れました。
 会場では屋根ほどの高さの巨大滑り台やかまくらなどが準備され、子ども達はたくさんの雪に大はしゃぎでした。
 また、地域の若者らによる屋台では、鹿汁やジビエカレーなどが提供され、参加者は冷えた体を温めました。
 神谷区では、教育民泊や交流事業で出来た絆を一時的なものに終わらせないようにと、交流が続いています。

全国えんぴつけずり大会 小刀ひとつで美しく削る

06_えんぴつ00000000

 2月4日、国際交流会館で、第7回全国えんぴつけずり大会が行われ、市内はもとより、東京都や山口県など遠方からも参加があり、大人と子ども合わせて40人が参加しました。
 この大会は、道具の基本である小刀を使い、ものづくりの面白さに触れて欲しいと、全国えんぴつけずり大会実行委員会が開いています。
 競技では、制限時間内に削った鉛筆の長さ、芯とのバランス、仕上がりの美しさが審査されます。
 参加者は、手元の感覚に意識を集中させ、巧みに小刀を操り競技に挑みました。
 南丹市の入賞者の結果は、大人の部で堀悦雄さんが優勝、こどもの部では山崎彰太郎さんが準優勝でした。

きさらぎフェアー つながろう女性の輪

01_きさらぎ00000000

 2月4日、南丹市国際交流会館で南丹市女性会が主催するきさらぎフェアーが行われました。
この催しは女性会の活動を広く知ってもらおうと毎年行われているもので会場には、アートフラワー体験や、さをり織りの小物といった手作りの品、またパンやお寿司などが並びました。
また、沖縄県出身で南丹市在住のヴァイパー奏者、大城敦博さんによる琉球ヴァイオリンコンサートが開かれました。
 ヴァイパーとは、弦が6本あるエレキバイオリンの事で、大城さんは、故郷である沖縄民謡をアレンジした楽曲を披露し、参加者はゆったりと音楽を楽しみました。

FUKUSHI就職フェア 京都丹波 いきがい感じ 誰かのためになる仕事

05_就職00000000

 2月3日、ガレリア亀岡で、FUKUSHI就職フェア京都丹波が開かれました。
 これは、介護や福祉の仕事に興味のある人を対象に開かれた合同就職説明会です。
 はじめに、実際に福祉の現場で働いている職員から、仕事のやりがいや生きがいについて話す座談会が行われました。「人の人生に関わり、自分自身の成長につながる」「働く人が幸せを感じることが大事」などの話に、就職活動中の大学生や、転職希望者、また定年後、新たな業種に挑戦したいという人らが耳を傾けました。
 また会場内には、福祉業界に導入されている用具の展示や、車いすの乗車体験などが行われました。
 来場者は、南丹市・亀岡市・京丹波町で事業を展開する、合わせて17事業者のブースに足を運び、熱心に説明を受けていました。

園部町文化協会かるた大会 皆真剣に、かるたとり白熱

04_かるた00000000

 2月3日、園部公民館で、園部町文化協会主催のかるた大会が行われ、24人が参加しました。
 はじめに京都小倉かるた会による「競技かるた」の実演があり、参加者は張りつめた空気と札を取る俊敏な手つきに息をのみました。
 大会は、3対3の源平の部とチラシの部で行われ、上の句が始まると皆身を乗り出し、白熱した試合展開になりました。狙っていた札が取れたり、お手付きになったりと一喜一憂。会場は楽しい雰囲気に包まれました。
 また園部町文化協会の粋なはからいで、休憩には抹茶とお菓子が用意され、来る春に思いを馳せながら、和やかなひとときを過ごしました。

各地の節分祭 摩気神社・生身天満宮・蓮乗寺

01_節分00000000

 2月3日は節分でした。
 園部町竹井の摩気神社では、夕方から、氏子たちが神社にお参りに訪れます。
 「うぶすな敬神婦人会」の女性たちが、つきたてのお餅や甘酒で訪れた人々をもてなしました。
 各家々から古いお札が納められます。
 総代たちは、火にあたりながら夜まで待ち、節分祭の神事は、春を迎える星祭りの神事と合わせて、夜中の12時ごろに行われたということです。
 生身天満宮では、戌年生まれの年男・年女の8人が拝殿から豆を撒き、厄を祓い、福を呼びこみました。
 また書初めや古いお札などを燃やすお焚き上げの神事があり、炎を囲みながらふるまいの甘酒を飲み、冷えた体を温めました。
 美山町大野の蓮乗寺では、総代はじめ檀家、地域住民およそ50人が集まり、一年の無病息災と家内安全、五穀豊穣を願いました。
 祈祷のあとには、各家から持ち寄ったお供えのお菓子やお餅を撒く、お団子撒きをしました。
 子どもたちは、一生懸命に手を伸ばし、大人も童心に返ったように、楽しみながら、福を拾っていました。
 各地で穢れや災いを追い払い、清らかな身で新たな春を迎えました。

京のプレミアム米コンテスト入賞

top_※00000000

 「京のプレミアム米コンテスト」は優れた味をもつ京都府産のお米の価値を高めようと、今年初めて実施されました。
 京都府内で米づくりに励む農業者から応募があり、120点の中から、優れた8点が、「京のプレミアム米」と選定され、12日に受賞式が行われました。結果、南丹市からは2点が選ばれ、金賞に日吉町中世木の新矢隆志さんのコシヒカリが、次ぐ入賞に、八木町神吉のとくみ農産の徳見晃さんのコシヒカリが選ばれました。お米マイスターや料理研究家など6人の審査員が食べ比べて評価しました。

八木中学校 ワークショップ 八木の子どもの未来を考える

03_八木中00000000

 2月2日、八木中学校で、「八木の子どもの未来を考える」ワークショップが行われました。「地域とともにある学校づくり」の一環で、学校評議委員や民生児童委員、PTA会員などが集まり意見を交わしました。
 「八木に育つ子どもたちにどのように育ってほしいか」をテーマに6つのグループに分かれて語り合いました。
 「自分の考えをしっかりと伝えられる子」や「人への感謝や思いやりを持った子」「ふるさと八木を愛する子」になどの意見があがりました。
 お祭りやウォーキングのイベントなど、地域と関わりながら、子どもたちを育んでいく具体例も発表され、地域の宝である子どもたちの未来について熱く、話し合いました。

園部高校・園部第二小学校 英語で夢を語ろう!

02_パートナー00000000

 2月1日、園部高校で、京都国際科2年生と園部第二小学校6年生が、英語で交流授業を行いました。この授業は英語に触れる楽しさを知る、外国語活動パートナースクール事業の一環で、実施されました。ゲームを楽しんだあとグループに分かれ、英語でそれぞれの「夢」を語ります。
 前回の昨年11月の交流からおよそ2か月。小学生はこれまで培ってきた英語力を発揮し、プロ野球選手や看護師、デザイナーなどそれぞれの将来なりたいことを発表しました。高校生は質問しながら、発音やイントネーションのアドバイスを送り、交流を深めました。最後には小学生がみんなの前で堂々と夢を発表する姿がありました。