美山エコツーリズム大会 講演会 小浜の「食のまちづくり」に学ぶ

190214第3回美山エコツーリズム大会00000000

 2月14日、美山町の京都丹波高原国定公園ビジターセンターで、美山エコツーリズム大会が開かれ、市内外からおよそ30人が参加しました。
 この大会は、地域の歴史や文化、自然環境を活かした観光のあり方を意味する、エコツーリズムの推進を目指して毎年開かれており、講演に「食」をテーマにしたまちづくりに力を入れる、福井県小浜市の職員、奥城直喜さんが招かれました。
 小浜市は、豊かな海産物を「鯖街道」を通じて京の都に運んでいた歴史があり、漁業や農業、伝統料理などを組み入れた多彩な体験プログラムで、観光をPRしています。
 食をテーマに、子どもたちの食育活動や第一次産業の活性化など、一体的なまちづくりを行う、小浜市の先進的な取り組みに、参加者は興味深く聞き入りました。

園部保育所 JR鉄道教室 鉄道や仕事の魅力にふれる

190214園部保育所JR鉄道教室00000000

 2月14日、園部保育所で3才児から5才児を対象にを対象に、JR鉄道教室が開かれました。
 鉄道やその仕事に興味を持ってもらおうと、JR西日本に勤める新幹線の車掌11人が訪れ、はじめに、車掌は普段どんな仕事をしているのか紹介しました。
 また年齢別に、電車に乗るときのマナーを紙芝居で学んだり、新幹線できっぷの確認を行う車内改札体験、制服を着て記念撮影が行うなど、普段できない体験に子ども達は興味津々。はしゃぎながら楽しい時間を過ごしました。

園部高校附属中学校 国際理解を深める 中国の生徒と日本文化を楽しむ

190212園部高校附属中学校中国の生徒と国際交流00000000

 2月12日、13日の二日間、園部高校附属中学校に、中国から中学校の生徒およそ80人が訪問し、交流が行われました。
 今回訪れたのは、中国の重慶市にある重慶第二外国語学校の生徒で、国際理解を深める附属中学校との交流が実現しました。
 生徒らは、身振り手振りを交えながら、羽子板やけん玉、あやとりなど、日本の伝統の遊びを一緒に体験しました。
 交流の終わるころには、すっかり打ち解けあい、カメラで記念撮影したりと、充実した時間を過ごしました。

全国えんぴつけずり大会 ものづくりの楽しさ 身近に感じて

190210第8回全国えんぴつけずり大会00000000

 2月10日、国際交流会館で、全国えんぴつけずり大会が開かれました。
 手仕事の基本である小刀を使って、身近なえんぴつを削り、ものづくりの楽しさを感じて欲しいと毎年開かれている大会で、近隣はもとより、東京や千葉、山口など遠方から40人が参加しました。
 競技は子どもの部、大人の部に分かれて行われ、制限時間内に削った鉛筆の、長さ、バランス、美しさの3つを基準に審査が行われます。
 参加者は、緊張感ただよう雰囲気の中で、集中し黙々と削り上げました。やり遂げた達成感や思ったよりできなかった悔しさなど、参加者の表情もさまざまでした。
 審査の結果、南丹市の入賞者は、子どもの部準優秀賞、松宮 奏さん、大人の部準優勝、船越並子さんでした。

園部町文化協会 第28回かるた大会 楽しい中にも 札を取る攻防戦

190209園部町文化協会第28回かるた大会00000000

 2月9日、園部公民館で、園部町文化協会主催のかるた大会が行われ、23人が参加しました。
 大会は、3対3の源平の部とチラシの部で行われ、競技カルタのルールにのっとって行われました。上の句が始まると身を乗り出し、楽しみながらも白熱した試合展開になりました。
 狙っていた札が取れたり、お手付きになったりと一喜一憂。
 休憩時間には、京都小倉かるた会・大阪なにはえ会による「競技かるた」のデモンストレーションがあり、戦略を立て札を取る俊敏な手つきに息をのみました。
 会場からは笑い声や悔しがる姿があちらこちらでみられ、楽しい雰囲気に包まれました。