南丹市表彰式 輝かしい功績、活躍を称える

S00000786

 2月15日、南丹市国際交流会館で、南丹市表彰式が行われました。
 今年度から設置された名誉市民表彰では、市政の発展、公共の福祉の増進、文化の進展に寄与されたとして、4人が受賞され、それぞれ故郷への思いや感謝、喜びの言葉がありました。
 引き続きスポーツ、文化の各分野において、優秀な成績を残した団体・個人に、南丹市から表彰状が贈られました。
 小学・中学・高校、一般のそれぞれの団体や個人の部、そして今後の活躍を期待する翔け賞の部、あわせて、今回は14団体、142人が受賞しました。受賞者は、壇上にあがり、表彰をうけ、喜びをかみしめました。
 また、読んだ本の中から心に残った言葉や感想を文字や絵で表現する、南丹市「きらり・本のことば」コンクールの受賞式も同時に行われました。

美山エコツーリズム大会 “まちを想う気持ち”を育てよう

S00000787

 2月15日、美山町の京都丹波高原国定公園ビジターセンターで、美山エコツーリズム大会が開かれました。
 地域の歴史や文化、自然を活かした観光を意味するエコツーリズムの推進を目指し毎年開かれているもので、これからの観光のヒントを得ようと、市内外からおよそ30人が参加しました。
 講演では、兵庫県豊岡市出石町で、長年行政職員として観光に携わり、現在はガイドとして活躍する加藤勉さんが招かれました。
 出石町は、城と時計台、そして皿そばが有名な観光地として知られています。鉄道が通らず不便な立地で、誰も観光客が来なかった時代を経て、古い町並みを残す工夫や小皿にそばを乗せて食べる皿そば文化の確立など、観光客の満足度を一番に考え取り組んできたまちづくりの一端を紹介しました。
 加藤さんは、「その町の魅力は、出会った住民の言葉や表情からも出てくるもの。住民が町を想う気持ちを育ててほしい。」と話し、参加者は熱心に聞き入りました。

京都丹波「ハンターへの道」狩猟セミナー 狩猟の技を学ぶ

S00000785

 2月15日、日吉町の遊youひよしで、狩猟セミナーが開催され、市内外からおよそ150人が参加しました。狩猟の魅力に触れて、関心を深めてもらおうと京都府、南丹市、京丹波町、亀岡市、各猟友会支部が主催しました。
 京都府猟友会 西村義一会長は、「猟師の高齢化が進んでいる。我々が得てきた知恵、狩猟の技をみなさんに学んでいってほしい。」と挨拶しました。
 セミナーでは、各市町、猟友会支部が作成した映像で狩猟方法などを学びました。
 南丹市、南丹市猟友会支部では多くの人で四方から獲物を追いつめ捕獲する「巻き狩り」の技について、説明がありました。参加者には女性や若い男性の姿もあり、狩猟に対しての興味、関心が高まっています。
 昼食にはシシ汁が振舞われ、また会場ではジビエ商品などの販売もありました。

警察・郵便局・城南保育所 合同啓発 子ども達から安心安全の呼びかけ

S00000783

 2月14日、園部郵便局前で、南丹警察署と園部郵便局、城南保育所、交通安全のボランティアが合同の啓発活動を行いました。
 この日はバレンタインデーと年金支給日に合わせ、横断歩道での事故防止と架空請求詐欺への注意をチラシとチョコレートを配って呼びかけました。
 子ども達から手渡されると、郵便局を訪れた利用者も笑顔で立ち止まり、チラシを受け取っていました。
 南丹警察署では地域の様々な機関や保育所・幼稚園などと連携して啓発に取り組んでおり、今後も効果的な呼びかけを続けていきたいと話しています。

園部小学校6年生 おもしろ科学体験で科学を身近に

S00000780

 2月13日、園部小学校の6年生が、おもしろ科学体験の授業を受けました。
 この授業は、京都大学と京都府教育委員会の連携事業で、児童たちに理科や科学を身近に感じてもらおうと行われています。京都大学大学院理学研究科の講師や理学部の学生から、DNAの働く仕組みや空気を圧縮すると発火する仕組み、紙を組み合わせた多面体の構造など、10個のブースに分かれて体験しました。
 また、インターネットの高速通信に用いる光ファイバーを使い、電気や光について、興味、関心を高めていました。
 児童たちは、科学の分野でたくさんの発見と楽しい驚きを感じていました。