園部中学校 交通安全マナー教室 自転車の正しい乗り方について

園部中学校交通マナー教室00000000

 4月19日から21日にかけ、園部中学校で、全校生徒を対象に交通安全マナー教室が行われました。

 園部中学校では、およそ40パーセントの生徒が通学に自転車を利用しており、今回は、南丹警察署と南丹船井地域交通安全活動推進委員の協力で、自転車の正しい乗り方について学びました。

 19日には1年生が受講。自転車に乗る前の点検や左側から乗り降りすること、また見通しの悪い交差点などは、左右の確認だけでなく、右斜め後ろの確認が大切、など自転車の交通ルールの基礎を学びました。生徒たちは交通ルールをしっかり守り、自分の身は自分で守ることを再認識しました。

園部高校 オーストラリアから研修旅行 言葉や文化 お互いに理解深める

園部高校姉妹校来校00000000

 園部高校と姉妹校提携を結ぶ、オーストラリアのキングス・バプテスト・グラマー・スクールの生徒が、研修旅行で同校を訪れました。キングス・バプテスト・グラマー・スクールの、中学3年生から高校1年生6人は、4月10日に来日し大阪・広島に滞在したのち、16日から園部高校生の家にホームステイしています。

 19日には、京都国際科2年生とスピーチの授業を受け、テーマを決めて英語で自己紹介をしました。また、3年生の音楽の授業では琴の演奏を体験。園部高校生が演奏方法を教え、留学生だけで「さくら」を合奏しました。言葉や文化についてお互いに理解を深め合い、留学生は25日に帰国の途に就きます。

公民館講座 初めての大正琴教室 思い出の一曲を自分の手で

はじめての大正琴教室00000000

 4月19日、園部公民館で、公民館講座「はじめての大正琴教室」が開かれ、9人が参加しました。

 南丹市教育委員会では、将棋や編み物、話し方教室など、様々な講座を開いています。大正琴教室は初めての開催で、園部町の大正琴サークル、響弦会が指導しました。

 大正琴は、楽譜を読んだことがなくても演奏でき、年齢を問わす気軽に始められます。この日は、「蝶々」「さくら」の2曲を練習。2時間の講座で最後まで演奏できるようになりました。この講座は全6回で行われ、途中からの受講も受け付けているので、園部公民館では、気軽に参加してほしい、と話しています。

春日神社 春まつり 子ども神輿が練り歩く

春日神社みこし00000000

 4月16日、八木町本郷東の春日神社で春祭りが行われました。

 地域の五穀豊穣と今年一年の健康を祈る恒例のお祭りで、午後からは、八木町南地区の小学4年生から6年生が、そろいの法被姿で子ども神輿を担ぎました。

 太鼓とのぼりを先頭に、八木町本町や栄町など、およそ5キロを練り歩きます。沿道や各休憩所で、地域の人が温かく見守るなか、賑やかな掛け声が響き渡りました。

新入団員・警防指導員 教育訓練 消防団員としての心構えを学ぶ

01

 4月16日、園部公園多目的グラウンド周辺で、南丹市と京丹波町の消防団の新入団員と警防指導員の訓練が行われ、およそ300人が参加しました。
 南丹市消防団からはおよそ30人の新入団員が参加し、消防団員としての心構えや映像を使って火災現場での消火活動などの説明を受けた後、グラウンドで規律やホースの取り扱いについて教わりました。
 また今回は、この春開設された明治国際医療大学救急救命学科の学生も参加しました。大学では消防活動の実践と地域との交流の為に消防団への入団をすすめており、9人が南丹市消防団に入団しました。学生たちは、居住地の支団や女性分団に所属し、ともに活動していきます。
 また、警防指導員の訓練では、指揮や指導をする立場を意識し、気迫にあふれた訓練を展開しました。
 万が一の火災の際に、安全に消火活動にあたれるよう、団員は真剣な表情で訓練に取り組みました。