日吉町殿田区 敬老会 区民手作りの余興で 大盛り上がり

08_敬老会00000000

 11月11日、日吉町の殿田とーくほーるで、殿田区の敬老会が行われました。
 75歳以上の元気な高齢者34人が参加し、手品や詩吟の披露など、区民手作りの余興で盛り上がりました。
 出席者の最高齢は94歳。みんなで語らいながら、交流を深めました。
 今年は、地域の劇団「とのだの案山子」に、地元の子どもたちが出演しました。家族の大切さを、笑いを織り交ぜながら伝える、オリジナルの演目です。
 区民の心のこもったおもてなしに、お年寄りたちの元気な笑い声が響きます。可愛らしい子どもたちと、個性あふれる劇団員たちに、大きな拍手が送られました。

園部公園ライトアップ ホワイトローズガーデン

ex_ライトアップ00000000

 11月11日から始まった南丹市情報センター開局25周年記念のライトアップ、ホワイトローズガーデン。
 園部公園開園111年と、11チャンネルにちなんで、1111本のホワイトローズが咲き誇っています。お城ともみじが浮かびあがり、「幻想的でとてもきれい」とたくさんの方に喜んでいただいています。
 ホワイトローズガーデンは、19日まで毎日、夕方5時から8時までライトアップしています。

南丹・船井小学校駅伝競走大会 全力尽くして バトンをつなぐ

07_駅伝00000000

 11月11日、園部公園陸上競技場で南丹・船井小学校駅伝競走大会が開かれました。
 駅伝を通じて、基礎体力の向上や、責任感と連帯意識を培うことを目的に開かれており、南丹市・京丹波町の合わせて12小学校から、32の駅伝チームが出場しました。
 はじめに駅伝競走の部がスタート。コースは、園部公園陸上競技場を発着点とする周回コースで、6区間、合計7.5キロメートルを走ります。
 この日は風が強く寒い日でしたが、保護者や同級生らの熱い声援を受け、選手たちは全力で駆け抜け仲間にたすきをつなぎました。
 続く持久走の部では、およそ80人の児童が男女別に1.2キロメートルを走りました。

知井振興会 悠サロン コーヒーアートで楽しもう

06_サロン00000000

 11月11日、旧知井小学校で、11月の悠サロンが開催され、およそ30人が参加し、コーヒーアートに挑戦しました。
 来年の干支「犬」の絵と雪景色の茅葺民家風景をスケッチしました。色は、インスタントコーヒーを使ってセピア色に仕上げます。
 大小の筆を巧みに使い分け下書きの上から塗り重ねていきます。
 何度も塗り重ね、濃淡を調節することで、優しい表情や柔らかい風景が浮かびあがりました。
 今回制作した作品は、26日の知井地区文化の集いで展示される予定です。

神吉地区おためしハイキング 地域を再発見 風の市でいっぷく

05_拝金部00000000

 11月11日、八木町の神吉地区を散策するおためしハイキングが開催されました。
 これは、京阪京都交通神吉線と原・神吉線の利用促進策として、南丹市地域振興課が企画したものです。
 紅葉の見ごろを迎えた神吉地域を散策する一行は、日吉神社前に置かれた人形に立ち寄りました。 
 ベッキーと呼ばれる人形には、ノートが掛けられ、自転車愛好家や訪れた人の声が書き留められています。
 ユニークな生け垣を通り過ぎた後、神吉出身の実業家で、京都の発展のため尽力した高木文平の石碑も見学しました。
 この日は、自治振興会館前で風の市が開催されており、買い物を楽しみました。使わなくなったおもちゃや雑貨のほか、地元で取れた野菜や手工芸品、美山の特産品など様々な店が軒を連ね、賑わっていました。