伝統の園部小鼓笛パレード 息の合った行進とパフォーマンスに拍手

05_鼓笛00000000

 9月20日、園部小学校の鼓笛パレードが行われました。
 5、6年生総勢200人の鼓笛隊が、園部公民館を出発。南丹警察署とともに交通安全を呼び掛けながら、上本町、宮町シンボルロード、園部公園駐車場までを元気に行進しました。
 あいにくの雨で、園部小学校体育館での静止演奏となりましたが、1年生から4年生の児童や保護者の見守る中、練習の成果を発揮しました。
 愛唱歌「みんななかよし」をはじめ「明日はきっといい日になる」「残酷な天使のテーゼ」の3曲を、打楽器や鍵盤ハーモニカ、カラーガード隊などのパフォーマンスを交えて披露。息の合った演奏と隊列に、大きな拍手が送られました。
 最後は鼓笛演奏に合わせて「みんな仲良し」を大合唱しました。

農芸高校3年 租税教室 税の意義と役割について考える

04_租税00000000

 9月19日、農芸高校で租税教室が行われました。
 主権者として税の意義と社会の在り方について考える機会をと、3年生を対象に実施されました。
 講師は八木町で事務所を開く、税理士の川勝高博さんです。
 税にはおよそ50もの種類があることや、日本の財政の現状など、自分たちの暮らしと税の関わりについて学びました。
 またグループワークでは、仮定した政党の公約について検討し、生徒たちが自分の良いと思う政党に挙手で投票しました。
 生徒たちは、国民の3大義務の1つである、納税について考えを深め、自分の意見を社会にとどけることの大切さを学びました。

南丹市議会9月定例会 補正予算など14議案が可決

03_議会00000000

 9月19日、南丹市議会9月定例会が再開されました。
 西村市長から提案されていた条例の一部改正や平成30年度補正予算など14の議案について、各常任委員長より報告がありました。
 採決の結果、5億5539万9千円を増額する一般会計補正予算や7つの特別会計補正予算などが可決されました。
 次回9月定例会は、10月1日から3日間、議員一般質問が開かれます。

第13回南丹市民卓球交流大会 気迫あふれるプレーで交流深める

02_卓球00000000

 9月16日、園部B&G海洋センターで、南丹市民卓球交流大会が開催されました。
 選手の交流と親睦を図り、生涯スポーツとして卓球を楽しもうと、南丹市卓球協会が毎年開いている大会です。この日は一般の部、シニアの部、中学生の部あわせておよそ70人が参加し、気迫あふれるプレーが会場を沸かせました。
 オリンピックにおける日本選手の活躍や卓球協会の普及活動により、卓球人口が増加傾向にあり、南丹市内の各中学校の選手が多数参加。交流を深めながら、さわやかな汗を流しました。

南丹・篠山警察署 交通死亡事故抑止にむけて 協定締結

04_警察00000000

 9月15日、道の駅瑞穂の里さらびきで、南丹警察署と篠山警察署による交通死亡事故抑止のための協定締結式が行われました。
 南丹警察署の管内と篠山警察署の管内は国道372号など4本の幹線道路でつながっています。
昨年から連携して取り締まりや啓発活動に取り組んだところ、交通死亡事故の減少に効果が見られました。
 今回の協定は、情報の共有や連携した取り締まり、啓発活動などを行う事としており、より連携を密にし、継続して交通事故対策を行うためにと結ばれました。
 締結式終了後は、2つの警察署合同で、街頭啓発と、交通安全パレードを行いました。
 南丹・篠山両警察署では、今年度の管内の交通死亡事故ゼロを継続しており、今後も連携を深めて事故の抑止に取り組んでいきます。