南丹市議会9月定例会 補正予算など17議案が可決

S00001093

 9月16日、南丹市議会9月定例会が再開されました。
 西村良平市長から提案されていた条例関連や令和2年度一般会計、特別会計、水道事業会計の補正予算案などについて、各常任委員長より報告がありました。
 採決の結果、3億9441万7千円を増額する一般会計補正予算など17議案が可決されました。
 次回9月定例会は、10月7日水曜日、午前10時から再開し、前年度決算について表決が行われます。

園部文化観光協会 設立総会 文化の力で園部の活性化を

S00001091

 9月15日、国際交流会館で、一般社団法人園部文化観光協会の設立総会が開かれ、園部町地域の観光に携わる団体や商店主、旅行業者などが参加しました。
 園部文化観光協会は、歴史や自然などの文化を、地域の活性化と観光振興につなげたいと、設立されるもので、会長には、松村賢治さんが就任しました。
 また、参加者の知見やこれまでの取り組みを元に、SNSの活用や財源確保の方策などについて、活発に意見が出されました。
 今後は、文化観光資源の掘り起こしを進め、文化や観光資源を組み合わせたツアー作りや人気が高まる体験型観光を企画するほか、他の地域の観光団体との連携を強化していく予定です。

園部消防署長から感謝状贈呈 迅速な胸骨圧迫が命を救う

S00001086

 9月14日、明治国際医療大学附属病院で、人命救助者にむけての感謝状贈呈式が行われました。
 先月、京丹波町内で、心肺停止で倒れていた方を、南丹市日吉町在住の東山 鼓さんと、明治国際医療大学附属病院の看護師、津田裕美さんが発見し、協力して胸骨圧迫と119番通報を行いました。
 上原正男園部消防署長は、「救助された方も、今は後遺症もなく、日常生活を送っていらっしゃる。迅速に的確な処置にあたってくださったことに感謝する」と伝え、感謝状を贈りました。

地域おこし協力隊 活動報告会 情報発信やものづくり 情熱を注いだ3年間

S00001088

 9月13日、日吉生涯学習センターで南丹市地域おこし協力隊の活動報告会が開かれました。
 9月30日をもって3年間の任期を終える第3期隊員の嶋田翔伍さんと大矢信治さんの2人が、地域に密着し、情報発信などに取り組んできた活動の成果を報告しました。
 出版社の勤務経験を持つ嶋田翔伍さんは、南丹の言葉を紹介した「南丹辞典」や、八木町の新庄地域を紹介した冊子づくりに携わりました。「それぞれの地域に長い歴史があり、良さがある。面白いと感じたことは一歩踏み込んだ視点で作ることで、より魅力が伝わる。」と発表しました。
 また、美山町出身で椅子張り職人としての技能をもつ、大矢信治さんは、「自分にできることできないことに関わらずチャレンジさせてもらった。この経験を活かし、今後は美山をブランド化した木工職人として活躍の場を広げていきたい。」と話しました。
 そのあと、5人の現役隊員が、空き家再生や農業、情報発信など、それぞれの現在の取り組みについて報告しました。
 参加者からは、南丹市への思いを持った若者たちの3年間の奮闘を讃える言葉がありました。
 

八木町室橋 コウノトリ巣塔設置記念式典 幸せ運ぶ鳥 定着・繁殖を目指して

S00001087

 昨年、国の特別天然記念物コウノトリの飛来で話題になった八木町室橋の文覚池で、9月12日、コウノトリ巣塔設置記念式典が行われました。
 巣塔とは、コウノトリが巣を作りやすくするために設置する塔で、今回設置されたものは高さがおよそ13メートル、頂上には巣を作りやすくするための巣台が取り付けられています。
 コウノトリについて理解を広める活動や生息できる環境づくりを行う、日本コウノトリの会が協力し、8月30日に設置されました。
 室橋区自治会長の栗山 勲さんは、「コウノトリの赤ちゃんの姿をここで見られるようになれば、室橋の誇りになるだけでなく、新庄地域、八木町、南丹市の誇りとなるのではないか。」と挨拶し、今後の定着と繁殖へ期待を寄せました。
 また、日本コウノトリの会の佐竹 節夫会長は挨拶の中で、「この地域は田んぼがしっかりと作られていて、落ち着いた環境で、コミュニティーの結束も強い。コウノトリにとって暮らしやすい環境。」と地域の魅力を分析しました。
 野生動物のため、いつ巣を作るかは予想できませんが、コウノトリは雪解けする2月以降に巣を作ることから、早ければ来年の春には巣作りを見られるかもしれないということです。