「BSプラン」サービス終了のお知らせ

南丹市では、ケーブルテレビ(CATV)の安定運用とサービスの向上を図るため、本年度、八木・日吉・美山地域のCATV設備の更新事業を進めています。これにより市全域においてBS/CSパススルー方式のテレビ視聴サービスを開始していくこととなりますので、現在、有料付加サービスとしてご利用いただいている「BSプラン」については、下記の日をもちましてサービスの提供を終了させていただきます。

長らくの間、「BSプラン」をご利用いただきありがとうございました。

 

 

              BSプランサービス終了日 平成29年10月31日

 

※BS/CSパススルー方式…BS/CSデジタル放送電波を周波数や形態を変更せず、ご家庭のBS対応テレビやレコーダーで直接受信できるよう、そのまま送信する方式のことです。テレビにセットトップボックス(STB)を設置する必要がありません。

 

  • 平成29年11月1日以降、BSプランの新規加入及びSTBの機種変更、増設ができなくなります。
  • BS/CSパススルー方式は、有線テレビ放送契約(月額1,540円)に付属するサービスです。ただし、有料番組を視聴される際は、別途番組提供会社とのご契約(NHK衛星契約含む)が必要となります。
  • ご使用のSTBについては、BSプランサービス終了後、順次回収をさせていただきます。詳しくはBSプラン加入者様宛てに郵送させていただいておりますお知らせをご覧ください。

 

【お問合せ先】
南丹市情報センター
〒622-0004 南丹市園部町小桜町62-1
(電話)0771-63-1777 (FAX)0771-63-1682
※土日営業・月祝休業 8時30分~17時受付

ZAQの名前をかたった詐欺メールにご注意ください

最近、WebMailご利用者様のフィッシング被害が拡大しておりますのでご注意ください。

ログインする前に以下のページをご参照ください。

<詳しくはこちら>

Windows10でインターネットがつながらない場合の対処方法について

日頃より当インターネットサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

現在、「Windows10の端末でインターネットに接続できない」という
お問い合わせを多くいただいております。
ご利用中の端末を再起動していただくことで、改善する可能性があります。
お手数をおかけいたしますが、一度お試しいただきますようお願いいたします。

再起動方法については、以下リンク先をご参照ください。
「シャットダウン」では改善しない場合がございますので、
必ず「再起動」を選択してください。

パソコンの電源を切る(シャットダウン)、または再起動する方法<Windows 10>

インターネットに関する不審な案内または訪問にご注意を!

南丹市インターネットサービスをご利用のお客様へ            keikoku2   インターネットに関する不審と思われる案内や訪問にご注意を!

 

最近、南丹市内でインターネット設備等の確認と称して、訪問を働きかける事案が発生しております。この件につきましては、南丹市および南丹市情報センターと一切関係がありません。

 

南丹市インターネットサービスについてのご相談やお問い合わせは、南丹市情報センターまでご連絡ください。

 

【お問い合わせ先 】 

 南丹市情報センター

 (電話)0771-63-1777

 (FAX)0771-63-1682

 ※土日営業・月祝休業 8時30分~17時受付

 

一部機種のブロードバンドルータの接続障害の対処方法

日頃より当インターネットサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。

FTTHインターネット(光回線)の接続について、一部機種のブロードバンドルータ(有線、無線)を使用すると、接続障害が発生することがあります。

[原因について]

メーカーとの調査により、パソコンからのIPv6パケットをルータが透過してしまうことが原因と判明致しました。一部機種のブロードバンドルータ(有線、無線)は、初期状態でIPv6ブリッジ設定がONになっており、IPv6パケットを使用する設定になっております。
この設定がONになっていると、接続障害が発生する可能性があります。

[対応について]

ブロードバンドルータ(有線、無線)をご利用されている方で、インターネット接続が不安定になる等の接続障害が発生する場合は、お手数をお掛けいたしますが、ブロードバンドルータ(有線、無線)のIPv6ブリッジ設定をOFFに変更していただき、不具合対策を行なっていただくようお願い申し上げます。

設定方法につきましては、下記(ご参考)メーカーのサポートページ、ブロードバンドルータのマニュアルをご確認ください。

NEC製品

http://www.aterm.jp/support/index.html

コレガ製品

http://corega.jp/support/manual/

バッファロー製品

http://buffalo.jp/support_s/

IOデータ製品

http://www.iodata.jp/support/

 

何卒、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。