一棟貸しの宿 泰山木美山 歴史を物語るキャンドルに往時を偲ぶ

 10月16日から、美山町福居にある「一棟貸しの宿 泰山木美山」で、キャンドルの展示会が始まりました。
 今から半世紀前、高度経済成長期の昭和43年、工場誘致に力を入れていた美山町に、故見舘道雄さんが日本カラーキャンドル株式会社美山工場を創業。
 アメリカカンザスシティにある「ホールマーク社」からの受注生産でキャンドルの製造をしていました。
 創業者の次女、野田君子さんによると工場跡や、実家で宿に改装した「泰山木」などから当時のキャンドルが見つかり、今回の展示には人気キャラクターをかたどったものや当時では珍しいアロマキャンドルなどおよそ50点が展示されています。
 鶴ケ岡地区や大野地区、福井県名田庄などの人たちが仕事を手伝っていたそうで、美山の特産品としても販売。当時を振り返る写真や年表、アメリカからの視察があった時の映像なども紹介しています。会期は10月24日までで、期間中、キャンドルづくりのワークショップなども行われます。

令和3年度図書館を利用した学び講座 今日から始める太極拳入門

 10月15日、美山文化ホール1階ギャラリーで太極拳入門講座が開かれ15人が参加しました。
 この講座は図書館を利用した講座で、読書だけでなく、体も動かしてほしいとの思いから始まったものです。
 講師は、地域で太極拳を楽しむ美山町田歌在住の中嶋美都代さんです。
 太極拳はもともと中国武術の一種で、かつては皇帝たちが護身術として学んでいたといわれています。その特徴は、気を意識しながらの緩やかな運動にあります。
 中嶋さんから、太極拳の重心移動や歩き方など、基本から丁寧に教わりました。
 健康維持のために参加した人は、体幹が鍛えられると話し、初心者も経験者も、ゆるやかに体を動かし、楽しみました。

殿田中学校2年生 職業講演会 働くことの厳しさや充実感を学ぶ

 10月15日、殿田中学校で、職業講演会が行われました。
 2年生を対象に、地域で活躍する人から、働くことの厳しさ、充実感について、話を聞く機会をと実施されました。
 助産師の白根 美和さんは、「生命の誕生に立ち会うので、たくさんの感動がある」と仕事の魅力を、木工作家の秀野 祐介さんは、「中学生の間にたくさん失敗を経験して、自分の改善点を見つけてほしい」と将来に向けて、今取り組むことを話しました。
 歌手のMAKOTOさんは「やってみたいと思ったことはとにかくやることが大切。自分の興味のあることに挑戦してほしい」と伝えました。
 生徒たちは、仕事のやりがいや苦労などを直接聞き、働くことへの意識を高めました。
 今回教えてもらったことを11月に予定されている職業体験活動に活かしていきます。

園部第二小学校1年生 芋掘り 大きな芋に大興奮!収穫の喜び味わう

 10月14日、園部第二小学校の1年生が芋掘りを体験しました。
 毎年、生活科の授業で取り組む芋掘り。今年は新型コロナウイルスの影響で苗植えが出来ず、待ちに待った芋掘りです。園部町熊原の今西ヤスコさんの畑で、スコップを片手に、芋を傷つけないよう丁寧に掘り進めました。
 また、食育の推進と農業の大切さを伝えたいと、農業委員会活動の一環として農業委員が収穫を手伝ったり、子どもたちの質問に答えました。
 子どもたちからは「どんな品種なのか」「芋の蔓はどれくらい長いのか」といった質問や「広い畑だったけど、みんなで協力して早く収穫できた」「大きい芋がたくさん穫れてうれしい」などの感想が聞かれました。
 収穫した芋は、それぞれ自宅に持ち帰るということです。

防犯功労者等表彰伝達式 安全で住みよいまちづくりの貢献を讃える

 10月14日、南丹警察署講堂で、防犯功労者等表彰伝達式が行われました。
 地域安全活動への多年にわたる貢献を讃え、表彰するものです。
 防犯功労者として、南丹船井防犯推進委員協議会会長の橋本尊文さんが、地域安全功労者として、南丹船井防犯推進委員協議会園部支部の西岡新さん、八木支部の関岡貢さんが表彰されました。
 防犯パトロールや登下校の見守り、特殊詐欺防止など、長年にわたる、安全で住みよいまちづくりへの活動に対して、南丹警察署厚地信昭署長より伝達を受けました。