新庄収穫祭 実りを秋を大いに楽しむ

07_収穫00000000

 11月11日、旧新庄小学校「新庄郷育館」で、収穫祭が行われました。
 新庄地域振興会が主催する収穫祭は今年で3回目。地域の人たちや企業の協力で、焼きそばやフランクフルト、新鮮野菜やお餅つきなど、模擬店が軒を連ね、多くの人で賑わいました。
 また、教室棟では陶芸教室や写真展などが行われました。新庄のいま、むかし展では、ズラリと並んだ写真の数々に当時を懐かしみ、昔話に花が咲きました。
 買い物を楽しんだあとは、食事をしながらステージ発表を鑑賞し、秋の一日を満喫しました。

道の駅京都新光悦村 話題の明智光秀 地域との関わり解説

06_歴史00000000

 11月10日、道の駅京都新光悦村で、ミニ歴史教室が行われました。
 南丹市の様々な歴史を市民に知ってもらう取組を続ける南丹市歴史探勝会が講師に招かれ、2020年のNHK大河ドラマで題材となる明智光秀について解説しました。
 午前・午後の2回行われた教室には、合わせておよそ50人が参加し、関心の高さを伺わせました。
 八木城や日吉・美山の寺院など丹波平定の影響の感じ取れる場所や、光秀の家臣として仕えた南丹市内の人物など、地域との関わりを中心に説明がされ、参加者は興味深く聞き入っていました。

北桑田高校美山分校 文化祭 学習の成果 地域住民・保護者に

05_文庫言う00000000

 11月9日と10日、北桑田高校美山分校で、文化祭が行われました。
 北桑田高校美山分校には農業科と家政科があり、10日には各学科の展示や生産物販売、模擬店などがありました。
 農業科の生徒が育てた白菜や大根、キャベツなどには販売開始前から長蛇の列が出来、飛ぶように売れていきました。
 生徒や育友会などによる模擬店や、実習で制作した作品展なども行われ、訪れた地域住民や保護者は、生徒達の生き生きとした様子と普段の学習の成果を感じていました。

平成30年度南丹・船井小学校駅伝競走大会 児童力走タスキを繋ぐ

04_駅伝00000000

 11月10日、京丹波町のグリーンランドみずほで平成30年度南丹・船井小学校駅伝競走大会が開催され、南丹市と京丹波町の小学5・6年生の児童、およそ260人が参加しました。
 この大会は、駅伝を通じスポーツ全般に必要な基礎体力を養い、仲間との連帯意識を培うことを目的に南丹・船井小学校体育連盟が主催しています。
 男女混合チームで6区間、計7・5キロメートルを走ります。沿道からの声援を背に児童は持てる力を出し切り、次の仲間へタスキを?ぎます。
 また、駅伝競争と合わせ、持久走の部も行われ、結果、駅伝競走の部1位は園部小学校Aチーム、持久走の部男子1位は、園部小学校5年馬場駿介さん、女子1位は園部小学校5年大前志織さん、でした。

放送大学京都学習センター公開講座 森の京都カレッジ かやぶき民家の建築文化を学ぶ

03_カレッジ00000000

 11月9日、放送大学京都学習センターの公開講座、森の京都カレッジが開催されました。これは、放送大学京都学習センターと南丹市美山観光まちづくり協会、森の京都地域振興社、そして南丹市情報センターの4者が主催する講座で、京都丹波高原国定公園の自然や文化について学ぶシリーズです。
 この日は今年度の最終講座として、民家を中心とした丹波の建築文化を学びました。
 午後からは、美山かやぶきの里でフィールドワークが行われ、講師の京都工芸繊維大学 准教授 矢ヶ崎 善太郎さんの案内で、北山型と呼ばれるかやぶき民家の特徴を見て周りました。
 参加者の中には、地元住民やかやぶき職人が参加していたこともあって、茅の葺き替え技術や、地域の現状についての話もあり、活発に質問や意見を交わしながらのフィールドワークとなりました。
 最後は、知井八幡神社の社務所で閉講式があり、一人一人に修了証書が渡されました。参加者の感想では「憧れの地域を知りたいと参加した。観光では知ることのできない深い学びがあった。」と、充実した様子が聞かれました。
 公開講座は、来年度も開催される予定です。